Blog&column
ブログ・コラム

ドアパネルのリペアは早めがおすすめな理由

query_builder 2021/10/28
コラム
8
車を使っていると、ドアパネルに傷やへこみなどができてしまうこともあります。
ドアパネルにできた傷やへこみは、なるべく早くリペアすることが大切です。
では、なぜ早めにリペアしたほうがいいのでしょうか。
今回は、ドアパネルのリペアは早めがいい理由をご紹介します。

ドアパネルのリペアは早めにおこなったほうがいい理由
ドアパネルの傷やへこみをそのままにしておくと、塗装が剥がれてしまう可能性が高いです。
塗装が剥がれると、雨や雪などが侵入しやすくなり酸化が進み、サビができてしまいます。
一度サビができてしまうと、周辺にも進行していくので早めに対処しなければなりません。

▼リペアはプロにおまかせする
軽度のダメージであれば、タッチペンなどを使って対処することも可能です。
タッチペンで塗料を乗せ、表面処理とワックスで仕上げれば対処できます。
ただ、慣れていなかったり、傷が目立つ場合はプロに任せたほうがいいでしょう。
綺麗に仕上げるためには、経験が必要になります。
素人がむやみに直そうとすると、かえって状態を悪化させてしまう可能性があるので、プロに任せたほうが安心です。

▼まとめ
今回は、ドアパネルのリペアは早めにおこなったほうがいい理由についてご紹介しました。
ドアパネルの傷やへこみは放置すると、さらに状態が悪くなってしまいます。
また、リペアする際はプロにお任せしたほうが確実といえます。
当店では、ドアパネルのリペアを承っています。
ドアパネルのリペアをしたい場合は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • これからブログを始めます!

    query_builder 2021/10/05
  • フローリングの補修はプロに任せるべきなのか詳しく解説

    query_builder 2021/11/25

CATEGORY

ARCHIVE