Blog&column
ブログ・コラム

家具の修理をプロに依頼した方が良いケースについて

query_builder 2022/06/15
コラム
38
最近では、DIYで家具を組み立てたり修理したりする人が増えてきました。
自分で直した方が費用を抑えられることが多いので、できるだけ自分で修理したいと思いますよね。
しかし、プロに修理を依頼した方が良い場合もあります。
そこで今回は、家具の修理をプロに依頼した方が良いケースについて解説していきます。

家具の修理をプロに依頼した方が良いケース
■大きな傷やへこみ
傷やへこみが大きい場合は、市販の補修クリームや補修シートではきれいに修理するのが困難です。
傷やへこみの深さが1mm以上ある場合は、プロに依頼しましょう。

■範囲の広い変色や塗装剥がれ
部分的な変色や塗装剥がれは、塗料を使って修理することができます。
しかし、範囲が広いとその分仕上がりにムラができやすくなり、失敗するリスクが高まります。
また、家具と同じ色の塗料を用意するのも難しく、色が違うと修理した部分がより目立ってしまいます。

■欠け・割れ
家具を移動させる際にぶつけたり劣化することで、一部分が欠けたり割れたりすることがあります。
そのまま放置している人もいるかもしれませんが、家具の強度が落ちてしまう可能性があるので早めに修理を依頼しましょう。

▼自分で修理する際の注意点
自分で家具を修理する際に大切なのは、無理をしないということです。
無理に自分で修理しようとして、余計状態が悪化するケースもあります。
そうすると修理費用も高額になるので、修理が難しいと判断したらプロに依頼しましょう。

▼まとめ
家具に大きな傷やへこみがある。
・変色や塗装剥がれの範囲が広い。
家具の一部分が割れたり欠けたりしている。

このような場合は、プロに修理を依頼するのがおすすめです。
家具の修理を検討している方は、ぜひ当店にご相談ください。

NEW

  • これからブログを始めます!

    query_builder 2021/10/05
  • 床の修理を業者に相談するメリットについて

    query_builder 2022/09/15
  • 床の傷やへこみを自分で修理する方法

    query_builder 2022/09/01
  • 車の内装は自分で修理できる?

    query_builder 2022/08/15
  • 車のハンドルを修理する方法について

    query_builder 2022/08/01

CATEGORY

ARCHIVE